法律関係の仕事に就きたいなら行政書士の資格を取ろう

学生

昇進にも有利

レディ

マネジメント関係の資格は経験ありきである点に注意が必要です。総合的な能力として磨いていく必要があります。知識やスキルなどの裏付けとなる点に魅力があります。無料もしくは格安で講座を受けることも可能で、その点も魅力です。

専門的なところに通おう

保育士

保育士になるためには、専門的な学校に通う必要があります。というのも、保育士の資格を取得することが必須だからです。大学や短大、専門学校などを選択しましょう。学校に通うことで資格を取得でき、保育園などの就職斡旋もスムーズにいきます。

行政法とはなにか

男性

行政法という言葉はない

行政書士の資格を取得するためには、行政法はもちろん知っておかなければなりません。行政法とは行政権の組織や作用に関するほうの総称を言いまして、普段生活の中ではあまり聞きなれない言葉ではあります。聞きなれないのも当然のことでして、実は行政法という言葉そのもの自体が、法律の中で存在するものではありません。だから六法全書で調べようとしても、行政法という言葉は見つかることはないのです。行政法という言葉は、行政に関する法律が日本にはたくさんあることから、それらをまとめて行政法と呼ぶようになり、その行政へ提出しなければいけない書類に関する専門家が行政書士となるわけです。憲法や民法などを知ることは当然ですが、行政書士の資格取得を目指すのであれば行政法はしっかりと把握しなければなりません。

難易度は高い

行政書士の資格は受験資格がないため、誰でも試験を受けることができます。司法書士や弁護士になるために受ける司法試験に比べると、行政書士の試験はまだ易しいほうかもしれません。しかしだからといって、簡単に解くことができる問題ではなく、かなりハイレベルな試験内容となっているといわれています。その合格率としてでは毎年一桁となっており、高い数字では7パーセントとそれほど低い確率だといわれています。かなり低い数字だと2パーセントという年もあり、簡単に合格できるものではありません。行政書士の勉強を始めて早くても知識の習得には3ヶ月から6ヶ月かかるといわれており、すぐに勉強してわかるものではありません。しかしじっくりと勉強し、行政法を理解することができれば、独立することができる職に就くことができるようになります。

転職就職に有利

男女

転職や就職などに役立つとされるものがビジネスの資格です。ビジネスの資格にも様々な種類のものがありますが、取得するためには勉強が必要となりお金や時間がかかってしまいます。そのため、取得した資格を無駄にしないためにも、きちんと目的を明確にして選ぶことが重要となります。